アッキーレ・カスティリオーニのアルコランプ

アルコフロアランプ

 また悪い病気がでた。アッキーレ&ピエール・ジャコモのカスティリオーニ兄弟デザインのアルコランプを衝動買い。高さ240センチ、美しいアーチを描くステンレスの竿、それを支えるための約60キロもの重量を持つ大理石ベース。
 大型スピーカーといい、鹿の剥製といい、こういう一見どうでもいいような、実用性がなくて、普通の感覚で考えれば邪魔になるだけのモノが激しく欲しくなる性分(^^;

 うれしいことに、アルコランプを置いたらオーディオの音が良くなった。左右スピーカーの真ん中に傘がきて、セパレーションが良くなったせいだろう。
 鹿の剥製は音質アップを狙っての導入だったが、アルコランプは単純に欲しかっただけだ。天井が高く広い空間に、このようにニュッと突き出したものがあるのは、見た目だけでなく音響にとってもプラスになるようだ。

 しかし、これだけ大掛かりなモノを設置しても、意外とお客さんは気付かない。JBL4343も、鹿の剥製も、何年も通ってて今頃気付く人が出るくらいだから、散髪さえすれば、店に何が置いてあろうとべつにどうでもいいってことなんだろう(^^;


« ウィルバー・ウェア(b) 『Chicago Sound』 | メイン | 「あわらの宿 八木」はデザイナーズ家具の宝庫 »

コメント

家に持ち込むのを奥さんが反対しそうなモノを欲しがるのは
知らず知らず潜在意識が奥さんに対して反抗し
地味な攻撃を仕掛けているのかもしれません(^^;

投稿者 Master : June 20, 2008 02:57 PM

思い切ったの買われましたねー
メチャいいじゃないですか!
こういうのを置ける部屋に住みたいモノですね。

投稿者 integrale16v : June 20, 2008 12:19 AM

次は、オイルランプ??
この原油高の時代だからこそ Oil Lamp を選びたい。

投稿者 大@神戸 : June 19, 2008 11:39 PM

話題のIKEAには、こんなんもあります(^^;
http://www.ikea.com/jp/ja/catalog/products/70103882
和風の釣りテイストですね。

投稿者 Master : June 19, 2008 02:13 PM

アホなんでアルコールをどこに
入れるのかと考えてました。
イタリア語のアルコ、ボウだったのですね。
欲しい。

そして
EMTのアームも思いだしました。

ここに音の秘密が共通します。

投稿者 Ken : June 19, 2008 09:25 AM

http://transmitters.jp/images_products_customers/1207274063_0.jpg
アルコとJBL S3100使ってる方もいらっしゃるようです。

投稿者 Master : June 18, 2008 04:18 PM