ウエイン・ショーター(ts) 『JUJU』

ウエイン・ショーター(ts) 『JUJU』

 ジョン・コルトレーンのリズムセクションに真っ向から勝負を挑むショーターの代表的傑作。全曲彼のオリジナルだが、マッコイのピアノにエルヴィンのドラムが絡んでくると、いかにもコルトレーンが出てきそうなムード。それでもショーターのテナーは、その不思議な音色で独特のマジカルな世界に染め上げる。最も過激なのは表題曲[1]で、[2][3]とキャッチーな良い曲が続く。特に[3]の「あ~しんどいな」と呟くようなテーマは涙ちょちょ切れる。決してトレーンのように吹き過ぎない。少し吹き過ぎた[8]はボツになった。[4]は「至上の愛」を彷彿とさせ、[5]はハードバップ的快演だ。 ★★★★★

1. Juju
2. Deluge
3. House of Jade
4. Mahjong
5. Yes or No
6. Twelve More Bars to Go
7. Juju [Alternate Take][*]
8. House of Jade [Alternate Take][*]

Wayne Shorter (ts),McCoy Tyner (p),Reggie Workman (b),Elvin Jones (ds)
[Bluenote] 3.Aug.1964. at the Van Gelder Studio,Englewood Cliffs,New Jersey
Engineer:Van Gelder



« ALLIONには、漆塗フロントパネルという裏メニューがあるらしい | メイン | CH7700が故障 »