ボビー・ハンフリー(fl,vo) 『Blacks And Blues』


Bobbi Humphrey(fl,vo) 『ブラックス・アンド・ブルース』

 創始者アルフレッド・ライオンの手を離れた'70年代のブルーノートは、次第に活動の拠点が西海岸に移っていく。当時積極的に売り出していたのがこのボビー・ハンフリー。パッとアフロヘアーに目がいくボビーは、れっきとした(?)女性フルート奏者である。このカッチョイイ音楽はどういうジャンルになるのだろう。フュージョンのようなファンクのようなジャクソンファイブをより洗練したような。わたしも含め、昔の硬派ジャズファンは、こういう音楽を馬鹿にする風潮があったが、今聴くと心底良いなあと感激する。あくまでインストをサポートするため男性バックボーカル、そして[3]や[6]で聴かれるボビーの歌声もなかなかキュートだ。 ★★★★

1. Chicago, Damn
2. Harlem River Drive
3. Just a Love Child
4. Blacks and Blues
5. Jasper Country Man
6. Baby's Gone

Bobbi Humphrey (fl,lead-vo),Jerry Peters (p,el-p),Fonce Mizell (clavinet,tp,background-vo,vocal-arrangements),Fred Perren (arp synthesizer,background-vo,vocal-arrangements),David T.Walker,John Rowin (el-g),Chuck Rainey,Ron Brown (el-b),Harvey Mason (ds),King Errison (congas,background-vo),Stephan Spruill (perc),Larry Mizell (background-vo,vocal-arrangements)
[Bluenote] 7&8.Jul.1973. at Sound Factory,Hollywood
produced by Larry Mizell and Chuck Davis for Sky High Productions,inc.
originally issued as Blue Note BNLA 142


« 2008年の抱負「早起きは三文の徳」 | メイン | ティナ・ブルックス(ts) 『Back to the Tracks』 »

コメント