iPodシリーズの音質差

iPodを操作する酒仙坊さん

 酒仙坊さんの持参したiPod classicを、いつも聴いてるiPod shuffleと比べてみた。じつはその前々日、親戚の結婚式に出席したのだが、ちょうど従弟がiPod nanoを持って来ていたので、それもじっくり聴かせてもらった(試聴はいずれも同じアップル純正イヤホン)。
 同じ曲を試聴したわけではないから、厳密な比較にはならないけれども、それぞれの音質の傾向はだいたい掴むことができた。

 結論としては、利便性を抜きにして音質のみを考えるならフラッシュメモリ式のiPod shuffleが一番良いと思う。同じくiPod nanoもフラッシュメモリを採用しているが、どちらかというと音質はハードディスク搭載のiPod classic寄りである。おそらくボディの材質や構造も影響しているのだろう。
 総重量わずか15グラムのアルミ製ボディも、iPod shuffleの高音質に貢献していると見た。

 酒仙坊さん、iPod shuffleを聴くや否や、「これは良い」と太鼓判。普段電源プラグの音質差はわからんとか言ってるのに、こういうのはわかるんだろうか。不思議な方である(^^; (つづく)


« K谷さんのお宅でオーディオ&新蕎麦会 | メイン | ハイエンドに挑むiPod shuffle »

コメント

何と「Jazzの聴ける理容室」のMasterがiPod shuffleにクラシックを入れて持ってきた。噂によると、かっては自作ケーブルにうつつを抜かしていたそうだが、最近はおまけケーブル派を称し、グレードダウン症候群にもかかっているとのこと。おかしいのはMasterの方である。iPod shuffleでクラシックを聴かせられたら何か言わないとまずい!と緊張した次第。いつから「Classicの聴ける理容室」に模様替えするのかな?
実は固体メモリーの威力はPCオーディオで経験済であり、マルチディスクドライブ、HDD、固体メモリーの比較をさんざんやっていたので、すぐに分かった次第。プラグの音の変化などは枝葉末節と思っているが(単なる相対的な変化であり、絶対的な質の向上ではない、つまりは好き好き)、サーボやエラー補正のない世界は、結果的に読み取りエラーがなくともソフト処理上簡素化できるので本質的な音質向上に繋がっているものと思われます。現在、PCで音楽を聴くときは、HDDから4GBの固体メモリーに移して聴いています。

投稿者 越の聴楽酒仙坊 : November 28, 2007 04:53 PM