ニコラス・ペイトン(tp) 『Dear Louis』
Amazonで詳細を見る
ニコラス・ペイトン(tp) 『Dear Louis』

 ジャズ界の若頭・ニコラス・ペイトンがサッチモに捧げたトリビュート作。さすが若頭、いいスーツ着てます。三回も衣装替えし、ジャケットからレーベル印刷まで、一貫してちょっとギャングっぽい雰囲気が漂っててカッコイイ。音楽のほうもじつに洒落ており、デキシーかと思ったら、随分と洗練されたモダンなアレンジ。ダイアン・リーヴスの唄う[6]など、ペイトンのエレピ伴奏、しかも代替コードを使い、まるっきり別の曲に変身。[2]も皆が知ってるあのメロディは出てこない。ハイライトは[4]。やはりジャズにはこのようなクールさが不可欠だ。 ★★★★

1. Potato Head Blues
2. Hello, Dolly!
3. You Rascal You
4. Tight Like This
5. Interlude (St. James Infirmary)
6. On the Sunny Side of the Street
7. Dear Louis
8. Blues in the Night
9. Peanut Vendor
10. Mack the Knife
11. Tiger Rag
12. I'll Never Be the Same
13. West End Blues

Nicholas Payton (tp,flh,vo,Fender Rhodes,arr),Paul Stephens,Ray Vega (tp,fhl),Vincent Gardner (tb),Bob Stewart (tuba),Bill Easley (cl,as,flu),Scott Robinson (bcl,bs,contrabass saxophone,fiu)),Tin Worfielld (ts,ss,fiu),Peter Bernstein (g),Melvin Rhyne (org),Anthony Wonsey (p),Walter Payton,Reuben Rogers (b),Adonis Rose (ds),Kenyatta Simon (perc),Dr.John,Dianne Reeves (vo)
[Verve] 9-11.Sep.,2.Oct.2000. at Avatar Studio.NY. Engineer:James.P.Nichols


« 一攫千金の罠 | メイン | ボリューム1ミリがあげられない »

コメント