スタン・ゲッツ(ts) ジョアン・ジルベルト(g,vo) 『Getz/Gilberto #2』
Amazonで詳細を見る
スタン・ゲッツ(ts) ジョアン・ジルベルト(g,vo) 『Getz/Gilberto #2』

 カーネギーホールでのライブ盤。タイトルからすると、いかにも『ゲッツ~ジルベルト』の続編のよう。しかし実際にはゲッツのカルテットとジョアンのバンドは別々に演奏。二人が共演してる[11]-[15]はオリジナルLPに含まれず、後からボーナス曲として追加された。待ってましたの[13][14]も、ジョアンとの不仲ゆえか、天才ゲッツのソロもイマイチ冴えず、カルテットのほうがずっと良い。一方、[5]でイントロからぐっと聴衆を惹きつけるジョアンの演奏はさすが。ボーナス曲の合間に聞こえるアストラッドの笑い声がとっても可愛らしいのだ。 ★★★☆☆

1. Grandfather's Waltz
2. Tonight I Shall Sleep (With a Smile on My Face)
3. Stan's Blues
4. Here's That Rainy Day
5. Samba de Monha Terra
6. Rosa Moreno
7. Um Braco No Bronfa
8. Bim Bom
9. Meditation
10. O Pato (The Duck)
11. It Might as Well Be Spring [#][*]
12. Only Trust Your Heart [#][*]
13. Corcovado (Quiet Nights of Quite Stars) [*]
14. Garota de Ipanema (The Girl From Ipanema) [*]
15. Eu E Voce [*]

[*] bonus tracks not on the original LP. [#] previously unissued.

[1]-[4]Stan Getz (ts),Gary Burton (vib),Gene Cherico (b),Joe Hunt (ds)
[5]-[10]Joao Gilberto (g,vo),Keter Betts (b),Helcio Melito (ds)
[11]-[15]Stan Getz (ts),Joao Gilberto (g,vo),Gary Burton (vib),Gene Cherico (b),Joe Hunt (ds),Astrud Gilberto (vo)
[Verve] 9.Oct.1964.at Carnegie Hall. Engineer:Van Gelder, Derector of Engineering:Val Valentin Original cover paintng: Olga Albizu

"南国ムードのジャズ特集"


« こういうのを社会現象と呼ぶのか | メイン | 条件つけるから良い音が出ない »

コメント

スタン・ゲッツやジルベルトとは無関係な(苦笑)ネタですが、ちょっとだけお知らせを。

本日発売『ステレオ』8月号190頁に、皆様ご存じ「あの方」の詳細レポートを書きました。

ぜひともお読みいただき、「ええっ!? あの人、こういうオーディオ人生を送ってたの? すっげー!!」とのけぞってくださいな。

投稿者 村井 裕弥 : July 19, 2007 08:03 PM