こういうのを社会現象と呼ぶのか

 夜中に目が醒めた。なんだろう?規則正しいリズムがかすかに聞えてくる。ん?これはひょっとして…。「ワン、トゥー、スリィ、フォー」女性の声でたしかにそう言ってる。それもだんだん大きくなってるではないか!?時計を見ると午前三時。

 誰だ?こんな時間にビリーズ・ブートキャンプやってるやつは!?(爆)

 窓の外から聞えてくるので、うちのマンションの階下の住人がやってるのかと思って外を見ると、なんと向いの家のご婦人が、窓際でもうノリノリ。見る気はないのだが、ビリーやってると思うとついつい見てしまう。おっ、コンバットキックだ。やってるやってる。この動きはきっとDisc2の「応用プログラム」だぞ。いまビリーバンドなしで違いを実感してるところなのだな。あっ、いかん、これはれっきとしたのぞき行為ではないか。(^^;

 それにしてもお向かいの住人がこんな夜中にビリーやってるとは。こういうのを社会現象と呼ぶのだろうか。


« ワルター・ワンダレイ(org) 『Rain Forest』 | メイン | スタン・ゲッツ(ts) ジョアン・ジルベルト(g,vo) 『Getz/Gilberto #2』 »

コメント