マイルス・デイヴィス(tp) 『The Man With The Horn』
Amazonで詳細を見る
マイルス・デイヴィス(tp) 『The Man With The Horn』

 六年の沈黙を破り、音楽シーンに甦った帝王マイルスの復帰第一弾。ドドォーッドドードドードドーと迫ってくるマーカス・ミラーの凄まじい低音力。なんと凄いベーシストなのだ。アル・フォスターの粘るドラムに乗って帝王様のお出ましだ。スパニッシュ風のサビが勇ましい[1]。歪んだギターのギャーンで始まる[2]は、まるで'80年代版にリメイクした「イン・ア・サイレント・ウエイ」のよう。これらへヴィーな演奏に挟まれた軽くてポップな[3][5]がまたイイ味出してる。特に脳天気な[3]には、我を忘れて踊り出したくなってしまう。モチモチのパンにうまいソースの具が挟まったサンドイッチみたいだ。 ★★★★

1. Fat Time
2. Back Seat Betty
3. Shout
4. Aida
5. Man With the Horn
6. Ursula

Miles Davis (tp),Bill Evans (ss),Mike Stern (g[1]),Randy Hall (g,vo[5],syn[3][5]),Barry Finnerty (g[2][4][6]),Marcus Miller (b[1][2][4][6]),Felton Crews (b[3][5]),Al Foster (ds[1][2][4][6]),Vince Wilburn (ds[3][5])Robert Irving (syn[3][5]),Sammy Figueroa (perc,background vo[5])
[Columbia] [5]May.1980. [2][4][6]Jan.1981. [1]Mar.1981. [3]6.May.1981.


« ビリーズ・ブートキャンプ七日間チャレンジ終了 | メイン | オーネット・コールマン(as,vln) 『New York Is Now!』 »

コメント