エリス・レジーナ(vo) 『コモ・イ・ポルケ』
Amazonで詳細を見る
エリス・レジーナ(vo) 『Como & Porque』

 『イン・ロンドン』と同じ'69年の録音でリズムセクションも同じ。レパートリーも[6][7]と重複していて姉妹のような作品だ。[1]がわりとおとなしめなので、このままいくのかと思ったら案の定[2]から盛大に盛り上がる。[6]はホントに良い曲なのだが、アッという間に終わってしまうのが残念。アルトサックスの間奏でも入れてもっと引き伸ばしてくれたらいいのに。最後のボーナス4曲がまた素晴らしい。哀愁と情熱のサンバ[12]、ピエール・バルーとのデュエット[14]は巴里の万国博覧会のような趣きに胸がときめく。さらに[15]、満面の笑みを投げかけて唄うエリスに嫌な気持ちを抱く人がいるだろうか。(『イン・ロンドン』とセットのお買い得ダブルパックあり) ★★★★

1. ブラジルの水彩画~ネガ・ド・カベーロ・ドゥーロ
2. 夢
3. ヴェラ・クルス (Vera Cruz)
4. カーザ・フォルチ
5. オサーニャの歌
6. ジーロ (Giro)
7. 小舟 (O Barquinho)
8. 道のり
9. レシ・ド・カサール
10. サンバ・ダ・ペルグンタ
11. マルタ・サレーの想い出
12. デイシャ *
13. ア・ノイチ・ド・メウ・ベン(愛の夜) *
14. マスカレードの夜 *
15. トリステーザ *
*additional track not on original LP.

Elis Regina (vo),Antônio Adolfo (p),Roberto Menescal (g,arr),Jurandir Meirelles (b),Wilson das Neves (ds),Hermes Contesini (perc),Erlon Chaves (orchestral arrangements),Pierre Barouh (vo-[14]),Bossa Jazz Trio(*)
[Philips] 1969.

"南国ムードのジャズ特集"


« エリス・レジーナ(vo) 『Elis Regina In London』 | メイン | カートリッジをオーディオテクニカAT-15Eaに変更 »

コメント

マスター☆こんばんは!
アルバムの情報ありがとうございます(*^^)v

『コパカバーナの日曜日』・・・
イントロからウキウキと素敵な一日の始まりを
感じさせる魅力的な曲です☆

マスターも聴かれたらきっと
お気に入りの一曲になると思いま~す(^^♪
ではではまた!

投稿者 bossa大好き♪ : June 2, 2007 08:15 PM

「コパカバーナの日曜日」調べてみました(^^;
原題「Domingo Em Copacabana」でたぶん合ってると思いますけど、
'63年の
『O Bem Do Amor』に収録されてるようです。
http://www.discosdobrasil.com.br/discosdobrasil/consulta/detalhe.php?Id_Disco=DI00101

投稿者 Master : June 1, 2007 03:56 PM

マスター☆こんにちは!

マスターのコメント同様、私も[6]は大好きです♪
特にイントロのコード進行・・・響きがとってもお洒落☆

アドリブ入れてもうちょっと聴かせて♪ってカンジ
同感です(*^^)v

ハーモニカおじさまとのアルバムも、
行ったことはありませんが(笑)降り注ぐ太陽の光や
涼しげな木陰などブラジルの風景を想像しますね。

1曲目の『波』も大好きな曲です。

でも私がエリスの曲の中で一番好きな曲は
『コパカバーナの日曜日』

クレモンティーヌのカフェ・アプレミディに
入っていましたが残念ながらアルバムは
持っていません。
何か情報ありませんか?ありましたら
教えてください(^.^)/~~~

投稿者 bossa大好き♪ : June 1, 2007 02:24 PM

行動を読まれてるかと思った(^^;

投稿者 Master : May 31, 2007 06:17 PM

これはまだ買ってません。

持っているもう一枚のエリス物、ハーモニカおじさん・トゥーツ・シールマンスとの
『ブラジルの水彩画』を久々にトレイにのせました。
決して音の良いCDとは思わないのですが、これもやっぱり愛聴盤です。

投稿者 Aquirax : May 30, 2007 11:29 PM

エリス&トムを聴いてすぐに、
インロンドン、ライヴインモントルーを
注文してしまいました。

投稿者 Ken : May 30, 2007 05:37 PM