クリス・コナー(vo) 『He Loves Me, He Loves Me Not』

クリス・コナー(vo) 『He Loves Me, He Loves Me Not』
 
★★★★
 ストリングス入りオーケストラがバックのボーカルは、いまひとつジャズっぽくないのが多い。それでも歌う人が歌えば立派なジャズ作品になるのである。本作はクリス・コナーのハスキーな声がぐっと前に来て支配的。こうなるとバックがストリングスだろうが何だろうが紛れもないジャズボーカルに聞こえるから不思議だ。スローテンポのバラード集で、軽快にスイングしたりということもないが、クリスの声そのものがジャズのクールな質感なのだ。紛らわしいタイトルの[1]はセロニアス・モンクの名曲「ラウンド・ミッドナイト」とは似ても似つかぬ別の曲。

1. Round About
2. But Not for Me
3. Oh, You Crazy Moon
4. High on a Windy Hill
5. Why Can't I?
6. Suddenly It's Spring
7. Angel Eyes
8. You Stepped Out of a Dream
9. Guess I'll Hang My Tears Out to Dry
10. Thursday's Child
11. I Wonder What Became of Me
12. About the Blues

Chris Connor (vo),Ralph Burns (arr,cond)
[Atlantic] 1956.



« ジュリー・ロンドン(vo) 『All Through The Night』 | メイン | DAC-1のクロックモードについて »

コメント