スー・レイニー(vo) 『All By Myself』

スー・レイニー(vo)
『All By Myself』

 スー・レイニーのキャピトル三部作の最後を飾る、通称「お風呂のレイニー」。ジャケット見ただけで欲しくなるでしょう(笑)紹介したくてムズムズしていたが、日本国外で再発はないだろうと油断してたところ、いつのまにかUK盤が出ていた。これが良いのである。ラルフ・カーマイケル指揮のモダンなオーケストラをバックに、抜群の唄のうまさで聴かせてくれる。曲も渋くていいのが目白押し。颯爽と大都会を闊歩するような[4]に、続くバラード[5]はこの曲のベストと信じて疑わない素晴らしさ。過ぎ去った恋を唄う[10]は歌詞が切々と心に沁みてくる。 ★★★★★

1. Some of These Days
2. Trouble Is a Man
3. Don't Let the Sun Catch You Crying
4. I'm Gonna Laugh You Right Out of My Life
5. Here's That Rainy Day
6. What Is This Thing Called Love
7. All by Myself
8. No Place to Go
9. Just A-Sittin' and A-Rockin'
10. How About Me
11. Maybe You'll Be There
12. Burnt Sugar

Sue Raney (vo),Ralph Carmichael (arr,cond)
[Capitol] 1963.


« ホレス・シルバー(p) 『FurtherExplorations By The Horace Silver Quintet』 | メイン | 自宅で音楽鑑賞 »

コメント