ホレス・シルバー(p) 『Horace Silver Trio and Art Blakey-Sabu』

ホレス・シルバー(p) 『ホレス・シルバー・トリオ&アート・ブレイキー~サブー』

 ホレス・シルバーの初リーダー作で、彼のピアノトリオ作品としては唯一のもの。奏法はバド・パウエル派に分類されるが、早くも強烈な個性を発揮。たとえば[10]。長調の楽曲にファンキーなブルースノートを滑り込ませる。パウエルなら絶対にやらない手法である。マイルス・デイヴィスの『バグズ・グルーヴ』セッション、「バット・ノット・フォー・ミー」のソロにも聴かれるシルバーお得意のパターンだ。[12]はラテンパーカッションのサブーとアートブレイキー、ベースにパーシー・ヒースが加わった打楽器演奏、[14]はブレイキーのドラムソロで、両曲ともシルバーは参加していない。[1]の冒頭で叩くブレイキーのシンバルがじつにイイ音してる。 ★★★★

1. Safari
2. Ecaroh
3. Prelude to a Kiss
4. Thou Swell
5. Quicksilver
6. Horoscope
7. Yeah
8. Knowledge Box
9. How About You?
10. I Remember You
11. Silverware
12. Message from Kenya
13. Opus de Funk
14. Nothing But the Soul
15. Buhaina
16. Day In, Day Out

Horace Silver (p),Curly Russell,Percy Heath (b),Art Blakey (ds),Sabu (conga)
[Bluenote] 9,20.Oct.1952. 23.Nov.1953. Engineer:Doug Hawkins


« ホレス・シルバー(p) 『Horace-Scope』 | メイン | ホレス・シルバー(p) 『Silver's Blue』 »

コメント