ホレス・シルバー(p) 『Finger Poppin'』

ホレス・シルバー(p) 『フィンガー・ポッピン』

 これまで頻繁にメンバーチェンジがあったホレス・シルバー・クインテットだが、いよいよ本作からブルー・ミッチェル~ジュニア・クックの鉄壁のフロントラインがお目見えする。ミッチェルもクックも単発ではどうってこともないのに、このグループにおいては水を得た魚のように生き生きとしたプレーを聴かせる。以後約4年半の長きにわたってこのフロントラインが定着し、シルバーも安定したサウンド作りに専念。数々の傑作を世に送り出す。グループとしての纏りの良さは本作で既に発揮されており、シルバー作の全8曲いずれも即席バンドとは一線を画す完成度の高さ。 ★★★★

1. Finger Poppin'
2. Juicy Lucy
3. Swingin' The Samba
4. Sweet Stuff
5. Cookin' At The Continental
6. Come On Home
7. You Happened My Way
8. Mellow D

Blue Mitchell (tp),Junior Cook (ts),Horace Silver (p),Eugene Taylor (b),Louis Hayes (ds)
[Bluenote] 1,Feb.1959. Engineer:Van Gelder


« 初心者のためのオーディオ・セッティング術(その2「繋ぐ」) | メイン | ホレス・シルバー(p) 『Horace-Scope』 »

コメント