ビル・エヴァンス(p) 『Funkallero』
fankallero.jpg
ビル・エヴァンス(p) 『ファンカレロ』

 『Loose Blues』という、輸入盤でのみ入手可能だったズート・シムズを含む'62年のセッションが、嬉しい廉価限定盤で登場。[2]は『グリーン・ドルフィン・ストリート』にもボーナストラックとして収録されていた。美しいモード風バラードの[3]に傾聴。ズートって、こんな曲も吹けたのかと、ちょっと意外。フィリー・ジョー・ジョーンズの叩くスネアの快音が先導して始まる[4]、間違いなくこれがベストトラックだ。このクインテットは勿論臨時雇いのレコーディングバンドなのだが、新鮮なサウンドのこのメンバーで、もっと録音を残して欲しかった。 ★★★★

1. Loose Bloose
2. Loose Bloose [Alternate Take]
3. Time Remembered
4. Funkallero
5. My Bells
6. There Came You
7. Fudgesickle Built for Four
8. Fun Ride

Bill Evans (p),Zoot Sims (ts),Jim Hall (g),Ron Carter (b),Philly Joe Jones (ds)
[Milestone] 21.Aug.1962. NYC.


« ジョー・ヘンダーソン(ts) 『Page One』 | メイン | ズート・シムズ(ts) 『Zoot Sims In Paris』 »

コメント