マイルス・デイヴィス(tp) 『アマンドラ』
Amazonで詳細を見る
マイルス・デイヴィス(tp) 『Amandla』

 今日はマイルスの15回忌。ちょうどマイルスがこの『アマンドラ』を作っている間、1988年の末から'89年始めにかけて、わたしは『Jazzの聴ける理容室』を作っていたのだ。『TUTU』に引き続き、これもマーカス・ミラーの打ち込みカラオケをベースにしたレコードだが、参加ミュージシャンが増えて、幾分バンドっぽいサウンドに。珍しくマイルスが激する[4]、泣きの[6]等メロディアスな良い曲がたくさん入ってる。[8]はマイルス、マーカス、アル・フォスターのトリオ演奏。当然多重録音だろうが、この場合、やはりベース、ドラムをバックにマイルスが吹いたバラードに、後からキーボードをつけ足したんだろうか。 ★★★★

1. Catembe
2. Cobra
3. Big Time
4. Hannibal
5. Jo-Jo
6. Amandla
7. Jilli
8. Mr. Pastorius

Miles Davis (tp),Kenny Garrett (as,ss),Rick Margitza (ts),Joe Sample (p),Jean-Paul Bourelly,Steve Khan,Vernon Reid,Billy Patterson,Michael Landau (g),Joe "Foley" McCreary (lead b),Marcus Miller (el-b,key,ds,g,bcl),Omar Hakim,Ricky Wellman,Al Foster,William Calhoun (ds),Paulinho da Costa,Bashiri Johnson,Don Alias,Mino Cinelu (perc),Joey DeFrancesco (key) George Duke (key, synclav),Sal Marquez (additional tp),Jason Miles (sound prog),Jason Miller (syn prog),John Bigham (g, key, ds prog)
[Warner Bros]
Clinton Recording Studios, NYC, late December, 1988.
LeGonks West Studios, Los Angeles, CA, early 1989.
Right Track Studios, NYC, early 1989.


« ジョニ・ジェイムス(vo) 『Let There Be Love』 | メイン | JBL4318もなかなか良い »

コメント

ドン、ドン、ドン、ぶぉーーーん、チャ―ン!ドン、ドン、
あぉーん、ドン、タッカーン!( ̄▽ ̄;)

投稿者 Master : September 29, 2006 12:52 PM

masterこんばんは。

過激で肥大した電化マイルスの後に、なんで、こんな境地がというような《アマンドラ》。どうしても、彼自身の死を前にした達観みたいなものを感じます。

garjyu

投稿者 garjyu : September 29, 2006 12:04 AM