ズート・シムズ(ts) 『Zoot Sims In Paris』

ズート・シムズ(ts) 『ズート・シムズ・イン・パリ』

 ビル・クロウ著「さよならバードランド」のなかには、ステージ上でミュージシャン同士演奏しながら音楽的な会話をしてるように見せるのが流行ったという話が出てくる(実際は音楽とはまったく関係ない、他愛無いことを喋ってたらしい)。それをたまたまマイクが拾ったのが[6]。「ズート、ズート!○※△■」「はぁ?」「○※△■!」てな感じで、残念ながらわたしには何を言ってるか聞き取れない。パリのクラブ”ブルーノート”でのリラックスしたライブ演奏。同名のジャズクラブが映画「ラウンド・ミッドナイト」にも登場するが、実在した店舗ではなく、本作のセッションも映画のセットを用いた架空のクラブで行われたとの説もある。 ★★★☆☆

1. ズートのブルース
2. スプリング・キャン・リアリー・ハング・ユー・アップ・ザ・モスト (Spring Can Really Hang You Up The Most)
3. ワンス・イン・ア・ホワイル (Once in a While)
4. ジーズ・フーリッシュ・シングス (These Foolish Things)
5. オン・ジ・アラモ (On The Alamo)
6. トゥー・クロース・フォー・コンフォート (Too Close for Comfort)
7. ア・フラット・ブルース
8. ユー・ゴー・トゥ・マイ・ヘッド (You Go To My Head)
9. サヴォイでストンプ (Stompin' at the Savoy)

Zoot Sims (ts),Henri Renaud (p),Bob Whitlock (b),Jean-Louis Viale (ds)
[Liberty] Dec.1961. at "Blue Note" Paris.


« ビル・エヴァンス(p) 『Funkallero』 | メイン | ウエイン・ショーター(ts,ss,p) 『Native Dancer』 »

コメント

こんにちわ。マシュマロの上不さんですね。
そうですか。11月が楽しみです。

投稿者 Master : February 25, 2007 08:48 AM

ブルーノートというクラブはパリに実在したクラブです。またこのズートの作品はそのブルーノートで録音されたという説と
映画のセットで録音されたという説も有ります。また驚く事に、このときの演奏が映画として記録されたという記事も昔の日本語版ダウンビートで見た事もあります。
11月にズートの未発表演奏(1956,58年)を出します
〈限定999枚ーCD・LP)。

投稿者 上不三雄 : February 25, 2007 12:47 AM