オーディオ異種格闘技戦・JJ工房レポート(その三)

 盛り上ったりズッコケたりで、やたらと喉が渇く。Pearlさんと二人で向いのスーパーに行き、飲み物を買って帰ってくると、店内では鮮烈な音が鳴ってるではないか。なんだなんだ?ふと見れば、小さなスピーカーがAMPEX620の上に乗って鳴っている。オーディオ南海・西田辺店のエース、坂原さんのしわざである。

4343の端っこに乗ってる位牌みたいなのがSLS6221

 アルテックのフルレンジ・ユニットを使ったモニタースピーカーで”Ballad Ba404”希望小売価格 86,100円ペア(税込) 。
 これがまあ、鳴る鳴る!まるでハイエンド・オーディオ・ショーの会場かいなと思うような鮮やかな鳴りっぷり!

 うわ~、凄い音だなー!当店でもスピーカーによってはこういう音が鳴るんだなあ。それにしてもパッとセッティングしてサッとこれだけの音を鳴らすんだから、さすがは坂原さん、プロフェッショナルだねえ~(尊敬)。しかし、音にウルサイ工房メンバー達からは、ちょっと音色が明る過ぎると意見が出る。たしかに。でもこれだけ鳴ってるんだから、もうこれでいいじゃないかと理想の低いわたしなんか思ってしまうなー。(^^;
 ”Ba404”をドライブしていた真空管アンプを退け、ここで再びすかたんげっつーさんのロジャースCadet3で鳴らそうと誰かが提案。坂原さんも「絶対そのほうがいい」と賛成。そして出た音が凄かった!これは文句なしで今日一番の音である。

 だんだんノッてきた坂原さん、こんどは何やらパソコン用スピーカーみたいなのを出してきた。これもアルテック・ランシングのアクティブスピーカー”SLS6221”で、サテライト2本、サブウーハー1本の3.1チャンネル。アンプ内臓、リモコンまで付いて32,550円 (税込) 。これをJBL4343の上にチョコンと置いたかと思うと、これがまた憎らしいほどの音で鳴るのである!
 じっと聴いていたミナミのジャズバー「トップランク」のマスターも、この”SLS6221”がやけに気に入ってしまい、「今度団体客が入ったらこれ買おう」と言ったとか言わないとか。(^^; (つづく)


« オーディオ異種格闘技戦・JJ工房レポート(その二) | メイン | オーディオ異種格闘技戦・JJ工房レポート(その四) »

コメント