オーディオ異種格闘技戦・JJ工房レポート(その二)

 自分の家で良い音が鳴ってるからって、それをそっくりそのまま他所に持って行くだけでは通用しないのがオーディオというもの。瞬時に、その場所に応じたセッティングを決め、鳴らないようなら原因を突き止める勘のよさが必要とされる。でも、それは一種のテクニックであって、普通の人が普通に自宅でオーディオ聴くぶんにはそんなもの必要ない。じっくりやればいいだけの話だ。しかし、今は悠長なことは言ってられない。

 すかたんげっつーさん持参のシステムが、工房参加者の目の前で、なんとか良い音で鳴ってくれよと神に祈るが、どうもいかん、このままではいかんなあ。
 よしっ、ぎんたろーさん、キミがリサイクルショップで買ってきたソニーのCDプレーヤーだ、アレを繋いでみよう!

_| ̄|○

 ポータブルCDプレーヤーと比べて、ジャンク品の据置CDプレーヤーの性能が勝ってるとかそういうことじゃなく、現状の音は何かが変だ。音を悪くしてる原因がいくつかあるようだから、機器を入れ替えてるうちにそれがわかるかもしれない。
 ソニーのジャンク品据置CDプレーヤーに繋ぎかえると、案の定、重心が下がってまともな音に近づいた。参加者の緊張も少し解けたよう。まだまだ納得の音にはほど遠いが、じっと待ってて音が良くなるってこともない。ドンドン行こう。
 調子に乗ってアンプもぎんたろーさんの古いラックスマンに替えてみるが、これはいかんと皆にケチョンケチョンに貶されて、ちょっと可哀相なぎんたろーさんであった。(^^;

 次はいよいよ”関西の江○三郎”の異名をもつ蟷螂さんの登場だ。彼は毎回ユニークなネタを披露して会場を沸かせてくれるのだ。今日はいったい何を見せてくれるのか?さあ蟷螂さん、皆をギャフンと言わせてやれ!
 ん?何やらノートパソコンを出してホニョホニョやってるが…、い、いかん、今回は不発のようだ_| ̄|○次回のリベンジに期待しよう。( ̄▽ ̄;) (つづく)


« オーディオ異種格闘技戦・JJ工房レポート(その一) | メイン | オーディオ異種格闘技戦・JJ工房レポート(その三) »

コメント

JJ工房主催に引き続き
渾身のレポート、お疲れさまです。
LUXMANはまぁあんなモンでしょw
ほんと楽しい1日が過ごせました。
アリガトウ\(^▽^)/
残りのレポートも楽しみにしています。

投稿者 ぎんたろー : September 21, 2006 08:56 PM