ジョニ・ジェイムス(vo) 『Let There Be Love』


ジョニ・ジェイムス(vo) 『Let There Be Love』

 昔、寺島靖国さんがジョニ・ジェイムスのことを誉めまくっていたことがあって、わたしも釣られて何枚か購入したが、どうも肌に合わないのだ。特に本盤には一曲毎にわざとらしい拍手と歓声が入っていて興ざめする。おそらくこれは合成だろう。歌手を無視したように脳天気な指笛は、とても唄を聴いての反応とは思えない。録音はナローレンジ、さしてジャズっぽくもないオーケストラ・アレンジなので、唄いかたが気に入らない人には少々厳しいかも。ジョニー・ソマーズならOKなんだけどな。★★☆☆☆

1. Let There Be Love
2. You're My Everything
3. You're Fooling Someone
4. Am I in Love?
5. My Love, My Love
6. Purple Shades
7. Almost Always
8. I'll Be Seeing You
9. When We Come of Age
10. These Foolish Things
11. It's the Talk of the Town
12. Too Late Now
13. In Love in Vain
14. That Old Feeling
15. I'm Through with Love
16. Little Girl Blue

Joni James (vo)
[MGM-Jasmine] 1953.


« キース・ジャレット(p) 『ザ・ケルン・コンサート』 | メイン | マイルス・デイヴィス(tp) 『アマンドラ』 »

コメント

ご紹介ありがとうございます。
オリジナル盤はちょっと手がでないなあ(^^;
この盤はCDで買うとしたら『Platinum & Gold: Mgm Years』に相当するんですね。

投稿者 Master : September 23, 2009 11:04 AM

寺島さんが紹介するずっと以前から
このアルバムを持っていました。
色々聞きましたが声がキレイでいいですよ。
Award Winning Album
http://amazing.sub.jp/jonijames/JoniJamesVol32.htm

投稿者 ro : September 22, 2009 10:10 PM