ハービー・ハンコック(p) 『V.S.O.P.ニューポートの追想』

ハービー・ハンコック(p) 『ニューポートの追想』

 1976年、デビュー15周年を迎えたハンコック。これまで様々な形態の音楽を演奏してきた。そうだ、今度のニューポートジャズフェスティバルには、その当時一緒に演奏してたメンバーを集めて、自分の音楽史を再現してみよう。題して"Very Special Onetime Performance(一度限りの特別企画)"。”黄金のクインテット時代”は当時引退中のマイルスの代りにフレディ・ハバードを起用。これが評判を呼び、”VSOPクインテット”としてその後も活動することとなる。ディスク2の前半は見事なセクステットの演奏。抒情的で美しいアンサンブルは、まるで絵画のよう。後半は一転してファンクの洪水!聴き応え十分の名作だ。 ★★★★★

Disk:1
1. Piano Introduction
2. Maiden Voyage
3. Nefertiti
4. Introduction Of Players/Eye Of The Hurricane

Disk:2
1. Toys
2. Introduction
3. You'll Know When You Get There
4. Hang Up Your Hang Ups
5. Spider

Disk:1[1][2][3][4] Freddie Hubbard (tp,flh),Wayne Shorter (ts,ss),Herbie Hancock (yamaha electric grand piano),Ron Carter (b),Tony Williams (ds)
Disk:2[1][2][3] Hancock (rhodes,hohner D6 clavinet),Eddie Henderson (tp,flh),Bennie Maupin (alto-fl),Julian Priester (tenor & bass trombone),Buster Williams (b),Billy Hart (ds)
Disk:2[4][5] Hancock (rhodes,micro-moog,etc),Maupin (ss,ts,lyricon),Wah Wah Watson,Ray Parker Jr. (g),Paul Jackson (el-b),James Levi (ds),Kenneth Nash (perc)
[Columbia] 29.Jun.1976. Live at New York City Center, as part of Newport Jazz Festival Engineer:Fred Catero & Daivid Rubinson


« ジョン・コルトレーン(ts,ss) 『Coltrane』[Impulse!] | メイン | ローズマリー・クルーニー(vo) 『Clap Hands Here Comes Rosie/Fancy Meeting You Here』 »

コメント