ハンク・モブレー(ts) 『Hank』

ハンク・モブレー(ts) 『Hank』

 ハンク・モブレーのファンであっても、このレコードを話題にすることは少ないようだ。ありがちな三管のハードバップ、ジャケットも地味。これといった特徴がないせいだろう。しかしそこが本盤の魅力なのだ。前半いかにもモブレーらしい粋なタイトルのオリジナルが二曲、後半馴染みのスタンダード三曲。快活な[1]は中間部ベースソロのアレンジがカッコイイ。ドナルド・バードが美しいトーンで先導する[4]、続くアルトのジョン・ジェンキンス、ボビー・ティモンズのピアノも良い。思わず目を細めて聴き入ってしまう良作。 ★★★★ アナログ盤あり

1. フィット・フォー・ア・ハンカー
2. ハイ・グルーヴ,ロウ・フィード・バック
3. イージー・トゥ・ラヴ (Easy To Love)
4. タイム・アフター・タイム (Time After Time)
5. 異教徒たちの踊り (Dance Of The Infidels)

Donald Byrd (tp),John Jenkins (as),Hank Mobley (ts),Bobby Timmons (p),Doug Watkins (b),Philly Joe Jones (ds)
[Bluenote] 21.Apr.1957. Engineer:Van Gelder


« 「A&Vヴィレッジ」誌 休刊そして経営譲渡 | メイン | 音がイイのがカッコイイ »

コメント