ジミー・スミス(org) 『The Sound Of Jimmy Smith』

Amazonで詳細を見る
ジミー・スミス(org) 『ザ・サウンド・オブ・ジミー・スミス』 国内盤あり

 ブルーノートのジミー・スミス以下オールスターによる第1回マンハッタンタワー・セッションからの5作目。オールスターといっても、本作での特別参加は[5]のアート・ブレイキーのみ。残りのトラックはレギュラートリオによる演奏、[1][4]にいたってはスミスのオルガンソロである。いつものメンバーによる演奏が、この作品に限って特別なものに響いてくるのは、きっと前2日のセッションが効いてるのだろう。注意深くクレジットを参照してみると、3日間全員がスタジオに詰めていたのではなく、おそらく11日に召集されたのはブレイキー、ドナルドソン、モブレー、バード、マクファーデン、12日がドナルドソン、バレル、ブレイキー、13日マクファーデン、ベイリーだ。 ★★★★

1. There Will Never Be Another You
2. The Fight
3. Blue Moon
4. All The Things You Are
5. Zing Went The Strings Of My Heart
6. Somebody Loves Me
7. First Night Blues [*]
8. Cherokee [*]
9. The Third Day [*]

Jimmy Smith (org),Eddie McFadden (g),Art Blakey,Donald Bailey (ds)
[Bluenote] 11,13.Feb.1957. Engineer:Van Gelder


« ジミー・スミス(org) 『Jimmy Smth At The Organ Vol.1』 | メイン | なんでDAC-1を集中して誉めまくったかについて »

コメント