ポール・デスモンド(as) 『Take Ten』
Amazonで詳細を見る
ポール・デスモンド(as) 『テイク・テン』

 一ヶ月後に同じメンバーで吹込んだ『ボッサ・アンティグア』とは姉妹作のような関係で、一曲ごとにボサ・ノヴァが挿入されている。表題曲[1]は御存知「テイク・ファイブ」の続編、「テイク・テン」ってくらいだから十拍子かと思ったらやはりこれも五拍子。[2]はスコールを思わせるコニー・ケイのブラシが爽快だ。しかし本作のハイライトはA面よりもB面つまり[5]からのくだり。「黒いオルフェ」の名演のひとつに数えられる[5]。控えめながらもコードに感情をぶつける[6]のジム・ホールが渋い。 ★★★☆☆

1. テイク・テン
2. エル・プリンス
3. アローン・トゥゲザー (Alone Together)
4. 埠頭
5. 黒いオルフェ (Theme from "Black Orpheus")
6. ナンシー (Nancy)
7. オルフェのサンバ (Samba de Orfeu)
8. ザ・ワン・アイ・ラヴ (The One I Love Belong to Somebody Else)

Paul Desmond (as),Jim Hall (g),Gene Wright (b),Connie Kay (ds)
[RCA] 5,10,12,14,25.Jun.1963.

"南国ムードのジャズ特集"


« スタンリー・タレンタイン(ts) 『Joyride』 | メイン | ユタ・ヒップ(p) 『Jutta Hipp At The Hickory House Vol.2』 »

コメント