スタンリー・タレンタイン(ts) 『Joyride』

スタンリー・タレンタイン(ts) 『ジョイライド』

 イントロからして勇ましい[4]をかけると、柔道着に黒帯をしたタレンタインがバッタバッタと悪者を投げ飛ばしていく様を想像する。後半のアンサンブルを縫うように出るテナーは凄い貫禄だ。次にイイのが[3]で、オリバー・ネルソンの”カッチョイイ系”アレンジが効いている。ハンコックまで珍しく”カッチョイイ系”のピアノを弾く。同じくオリバー・ネルソンが編曲したソニー・ロリンズの『アルフィー』『ジミー&ウエス・ザ・ダイナミック・デュオ』に通じる雰囲気でメンバーもかなり重複。でもこの黒っぽい重厚感はブルーノートならではだ。 ★★★☆☆

1. River's Invitation
2. I Wonder Where Our Love Has Gone
3. Little Sheri
4. Mattie T.
5. Bayou
6. A Taste Of Honey
7. Gravy Train (bonus track)
8. A Kettle Of Fish (bonus track)

Ernie Royal,Clark Terry,Snooky Young (tp),J.J. Johnson,Jimmy Cleveland,Henry Coker (tb),Phil Woods (as,cl),Jerry Dodgion (as,fl,alto-fl,cl,piccolo),Albert J. Johnson (ts,ss,cl,bcl),Robert Ashton (ts,cl),Danny Bank (bs,cl,bcl,fl,alto-fl),Stanley Turrentine (ts),Kenny Burrell (g),Herbie Hancock (p),Bob Cranshaw (b),Grady Tate (ds),Oliver Nelson (arr)
[Bluenote] 14.Apr.1965. Engineer:Van Gelder


« マイルス・デイヴィス(tp) 『クールの誕生』 | メイン | ポール・デスモンド(as) 『Take Ten』 »

コメント