『有山麻衣子 幻のコンサート』(宇野功芳 企画・指揮 )


『有山麻衣子 幻のコンサート』(宇野功芳 企画・指揮 )

 インフラノイズ社から話題の高音質CD『有山麻衣子 幻のコンサート』のサンプルを頂いた。A&Vヴィレッジ9月号にも簡単なレビューを載せたが、こちらにも少し書いておきたい。曲目が曲目だけに好き嫌いはあろう。興味ある人だけ読んでください。本CDにおいては「格調の高さ」これが表現できるか否かがオーディオ的チェックポイントだと思った。「高級感」は他のもので代用できても「格調の高さ」は代用が効かないのだ。同社のDAC-1を外して聴くと、ガクーンと落ちる。これではただの童謡。再びDAC-1を繋ぐと、しっかりしたクラシック音楽のバックボーンが見えてくる。ドイツ製ブリュートナーのピアノが凄い音で録れてる。こんなピアノの音はちょっと他では聴いたことがない。70人位を前にしたライブ録音で拍手の音は無し。

1.花かげ(大村主計 / 豊田義一)
2.十五夜お月さん(野口雨情 / 本居長世)
3.雨ふり(北原白秋 / 中山晋平)
4.花嫁人形(蕗谷虹次 / 杉山長谷夫)
5.七つの子(野口雨情 /本居長世)
6.リンゴのひとりごと(武内俊子 / 河村光陽)
7.きいろいきいろい歌(サトウハチロー / 中田喜直)
8.月の沙漠(加藤まさを / 佐々木すぐる)
9.摘草(小学唱歌[3 年])
10.虫のこゑ(小学唱歌[3 年])
11.牧場の朝(小学唱歌[4 年])
12.海(小学唱歌[5 年])
13.鯉のぼり(小学唱歌[6 年])
14.我は海の子(小学唱歌[6 年])
15.さくら(日本古謡・中田喜直編)
16.愛国の花(福田正夫 / 古関裕而)
17.子守歌(野上彰 / 團伊玖磨)
18.庭の千草(里見義 訳詞 / アイルランド民謡)
19.マリアの子守歌(べーリッツ[宇野通芳 訳 詞] / レーガー)
20.春への憧れ(オーヴァべック[上山友昭 訳詞]/ モーツァルト)
21.バルバリーナのカヴァティーナ「落としてしまった、どうしよう」(モーツァルト)
22.ツェルリーナのアリア「ねえ、あなたおとなしくしていたら」(モーツァルト)
23.ピエ・イエス(慈悲深きイエスよ)(フォーレ)
24.バイレロ(オーヴェルニュ民謡[カントルーブ編])

有山麻衣子(ソプラノ),佐藤和子(ピアノ)
[OrthoSpectrum] 2006年3月18日ムラマツ・リサイタルホール新大阪(ライヴ)

HMVジャパン


« チャック・マンジョーネ(flh,el-p) 『Feels So Good』 | メイン | サド・ジョーンズ = メル・ルイス ジャズ・オーケストラ 『Live In Tokyo』 »

コメント

佐藤和子さんの独奏も聴いてみたいですね。

投稿者 Master : June 13, 2007 03:47 PM

歌い手の存在を忘れさせてくれるまが素晴しい。2007年5月27日にコンサートを主催しましたが、佐藤さんのピアノ、とんでもなく上手かったです。自動演奏付きの実にふざけたものだったのですがね。

投稿者 trefoglinefan : June 11, 2007 07:19 PM

ピアノの佐藤和子さん、唄が終わって、いつも「もうちょっとピアノが聴きたい。ここでアドリブ入れてくれ~」と思うんだけどそのまま終わる。(^^;

投稿者 Master : October 14, 2006 12:37 PM

少し前に仲間うちで話題になりましたが
チェック出来てません。後者の方は
黒子に徹する才があるので案外正解かも?

投稿者 関係者 : October 11, 2006 09:29 AM

有山麻衣子は「処女」伴奏者は不感症」か?

投稿者 川ジー : October 9, 2006 09:51 PM

今日、HMV三ノ宮店に立ち寄った。
クラシック・声楽の棚に目を向けると ありました ありました!

 「有山麻衣子 幻のコンサート」

結構目立つ所に5枚重ねで鎮座していました。

投稿者 K谷 : September 20, 2006 04:24 PM

先程、HMV三ノ宮店を冷やかした。
「有山麻衣子 幻のコンサート」ありますか?
ちょっと待ってください。 と女店員がパソコンに向かった。
しばらくして、「済みません在庫ありません。取り寄せになります。」とのこと。
聞くところによると、HMVに於ける最近のクラシック部門売上ランキング2,3位だそうだ。

投稿者 K谷 : August 8, 2006 02:51 PM

DAC-1購入者殿ご質問への回答

小生がK谷氏宅に持参したのは、オルトフォンPSC-3500XG SILVERで間違いありません。インフラノイズの純正ケーブルは相当にDAC-1と相性を良く考えられて選ばれているように思います。その上で、高域がよく伸び、すっきり、さっぱり系のインフィニティでちょっと味を濃くしようとしたとき、たまたまオルトフォンのケーブルとの相性が良かったものと思います。スピーカーが変われば、同じ結果になるとは限りません。もうワンランク上、ツーランク上の製品もあります。

                越の聴楽酒仙坊

投稿者 越の聴楽酒仙房 : July 31, 2006 07:52 PM

K谷 様
丁寧な回答を早速戴き大変有難うございました。
今後の改善の参考にさせて戴きます。

A727は確か光学メカがCDM1ではなかったかと思います。
CDM1はPHILIPS LHH2000等にも使われていたメカで,
確かに魅力はありますよね。

今後も有益なオーディオの話を投稿いただけるころを
期待しております。
                  DAC-1購入者

投稿者 DAC-1購入者 : July 31, 2006 05:40 PM

K谷です。
DAC-1購入者さんのご質問にお答えします。

(トランスポートをA727とした理由)

1.A730よりA727が安価(約半値)であった。

2.A730よりA727の方がよりアナログ的音質らしい。
  過去にA730を使い、現在A727をお使いの方の評価です。

以上の理由から迷わずA727にしました。
ただし、A727を外部クロックにより制御する場合は、クロック入力部分に改造を要します。 どこをどの様に改造するのか知りません。(改造は知人にしてもらいました。)

よって、外部クロックを使用されるのであればA727よりA730にされる方が宜しいかと思います。

(電源ケーブルの品番について)

オルトフォン PSC-3500XG SILVERだと思います。

PSC-4500XG SILVERもあり、相性としてどちらがより良いのか判断がつかず購入には到ってません。
季刊・オーディオアクセサリー特別増刊「ケーブル大全2007」を眺めながら悩んでいるところです。

投稿者 K谷 : July 31, 2006 02:56 PM

はじめまして、先の対決の時のコメントから出来れば聞きたいと思っていたのですが、トランスポートをA727に選択された理由を教えて下さい。クロックの使いやすさ、長時間ディスク対応等からスウィングアームではA730の方が良いように思うのですが....当方も検討中でご教示戴ければ幸いです。
それから電源ケーブルでオルトフォンの製品がDAC-1と相性が良かったとのこと。品番を教えていただければ幸いです。
お願いばかりですみません。

投稿者 DAC-1購入者 : July 31, 2006 07:03 AM

生を超えた、これぞ“レコード芸術”!

「有山麻衣子幻のコンサート」のことは、7月8日の「エソテリックX0-1 Limited 対 インフラノイズDAC-1」のコメント欄でも書かせていただいた。

その後、レコード芸術8月号に、このCDの企画、指揮をされた宇野功芳氏ご自身が紹介されているので引用しよう。
「当日、ホールでライブを耳にした人たちは、残響が強くて、こんなに明晰には聴こえなかったとのこと。とすれば、この録音は生を超えたことになる。これぞ、“レコード芸術”でなくて何であろうか。」

また、氏は、インフラノイズのABS7777やDAC-1の評価にも触れているので参考にされたい。さらに、ステレオ8月号では、村井裕也氏がこのCDを特選盤に挙げ、自作スピーカーコンテストの検聴ソフトとして使用している。

先の7月8日のコメントでは、「オーディオを忘れてしまいそうな、1枚のソースとなった。」と書いた。その後、いつも「これよろしいですわ。」と囁いてくる小生にとってのメフィストフェレスのK谷氏から、「幻のコンサート」をABS7777クロック制御したスチューダー727で再生し、マランツのCDR-640で焼いたCDRをいただいたので、「オーディオ的聴き方」をしてしまった。

オリジナルCDがやや音像が膨らみ加減なのに対し、スチューダー727から焼いたものの方が音像が締まり、くっきりと歌手やピアノが浮かび上がる。そのため、歌手が後ろに退いたかのような印象を受けるが、それだけ奥行きの空間が見えるようになった。K谷メフィストフェレスの囁きは「ABS7777クロック制御したスチューダー727へのいざない」のように聞こえた。

なお、察するに、K谷氏はいつも「もっと良くなるはず、こうしろ、ああしろ。」という内なるメフィストフェレスの誘惑に踊らされているとのことであろう。

                     越の聴楽酒仙房

投稿者 越の聴楽酒仙房 : July 29, 2006 06:49 PM