リー・モーガン(tp) 『Lee Morgan Indeed!』

リー・モーガン(tp) 『リー・モーガン・インディード!』

 いきなりである。もうちょっと下積み期間とかあってもよさそうなものを。天才クリフォード・ブラウンの死と入れ替わるように登場した神童リー・モーガン18歳、初レコーディングにして堂々の初リーダー作。既に円熟味さえ感じさせるバラードプレイ[3]に舌を巻く。同郷フィラデルフィア出身のパーカー派アルト奏者C・シャープがなかなかの好演。この頃のモーガンはディジー・ガレスピーと同じくベルの曲がったトランペットを使っているが、当時ガレスピー楽団に所属していたことや、その後普通のトランペットを使ってることから察するに、ガレスピーのを借りて吹いていたのかもしれない。 ★★★☆☆

1. ロッカス (Roccus)
2. レジー・オブ・チェスター
3. ザ・レディ
4. リトル T
5. ガザ・ストリップ
6. スタンド・バイ

Lee Morgan (tp),Clarence Sharpe (as),Horace Silver (p),Wilbur Ware (b),Philly Joe Jones (ds)
[Bluenote] 4.Nov.1956. Engineer:Van Gelder


« カーティス・フラー(tb) 『Bone & Bari』 | メイン | リー・モーガン(tp) 『Lee Morgan Sextet』 »

コメント