ローズマリー・クルーニー(vo) 『Thanks for Nothing』

ローズマリー・クルーニー(vo) 『Thanks for Nothing』

 リプリーズはフランク・シナトラが設立したレーベル。お仲間のロージーにも声がかかり、ボブ・トンプソンの伴奏でレコーディング。いつもながら美女ロージーがこれほど大口開けて景気良く歌うとは想像しにくい。特に本盤は内容と憂い顔のジャケット写真のイメージがちぐはぐに思える。そりゃあジャケットは美しいほうが良いに決まっているが、深刻さは微塵もなく、意外にもポップで元気いっぱい楽しいレコードなのだ。ちなみにわたしが持ってるのは限りなくオリジナル盤に近い放送局用サンプル盤(笑) ★★★☆☆

1.Hello Faithless
2.The Rules Of The Road
3.Just One Of Those Things
4.All Alone
5.Black Coffee
6.A Good Man Is Hard To Find
7.Baby,The Ball Is Over
8.The Man That Got Away
9.I Gotta Right To Sing The Blues
10.Miss Otis Regrets
11.Thanks For Nothing (At All)
12.Careless Love

Rosemary Clooney (vo),Bob Thompson (arr,cond)
[reprise] 1964.


« ミッシェル・ルグラン 『Legrand in Rio』 | メイン | ハンク・モブレー(ts) 『Hi Voltage』 »

コメント