キャノンボール・アダレイ(as) 『Somethin' Else』
Amazonで詳細を見る
キャノンボール・アダレイ(as) 『Somethin' Else』

 日本たばこ産業株式会社(現JT)提供のFM番組、「セレクト・ジャズ・ワークショップ」が昭和61~62年(1985~'86年)にかけて行った、「あなたのフェイバリット・チューン5曲を」というアンケートで、マイルスの「ラウンド・ミッドナイト」を抑え、堂々一位に輝いたのが本盤の[1]。ハードボイルドタッチの奇跡的名演。ワンテイクだったというが、マイルス、キャノンボールは勿論、全員の演奏が信じられないほど素晴らしい。あれからもう20年も経ったけれど、わが国で最も人気のあるジャズレコードであることに変わりはない。国内盤あり ★★★★★

1.Autumn Leaves
2.Love For Sale
3.Somethin' Else
4.One For Daddy
5.Dancing In The Dark
6.Alison's Uncle

Miles Davis (tp),Cannonball Adderley (as),Hank Jones (p),Sam Jones (b),Art Blakey
[Bluenote] 9.Mar.1958. Engineer:Van Gelder


« ケニー・バレル(g) 『Blue Lights Vol.1』 | メイン | ペギー・リー(vo) 『Things Are Swingin'』 »

コメント

>よろしければ「スパルタ式ジャズ講座」もご覧ください。

これは楽しく、勉強になります。ゆっくり読ませていただきます(購買意欲ばかりたかくなっている頭でっかちなので、ちょっと頭も冷やさなければとも思っていたところです。)。

ジャズのジャケットを眺める楽しみも分かるようになってきたような気(ちょっといい気になりすぎかもしれないですが)がしてまいりました。LPの時代はもっとジャケットを美術品のように、大事に扱っていたのでしょうね。

garjyu

投稿者 garjyu : June 30, 2006 11:52 PM

>garjyuさん毎度ご訪問ありがとうございます。

よろしければ「スパルタ式ジャズ講座」もご覧ください。

★★★★★でも検索できるみたいですね。
星の数はそのときの気分によって変わりますから、一応の目安程度に考えてください。(^^ゞ

以前は見に来る人といったらオーディオマニアばかりでしたが、最近になって同じくらいジャズファンの方が増えてきたような感触があります。
相変わらずディスクレビューの文章はパッとしませんけど、数だけは貯まってきたので、データベースとしては機能してきたかなという感じですねー。

投稿者 Master : June 30, 2006 01:27 PM

はじめまして。
garjyuと申します。
東京在住のため、こちらの理髪店にはお寄り出来ませんが、ブログの方は毎日のように読ませていただいておりますジャズ初心者です。
もとはクラシックおたくの中年なのですが、中山康樹氏や寺島靖国氏らの入門本をたよりに、ジャズの旅にのり出しました。
こちらのブログでご紹介の5つ星のものはいつかは全部そろえたいなあと思っております。まずは『ブルーノートとマイルス』と中山康樹氏の教えに沿おうと思っているのですが、どんどん、欲しいものが増えてしまうのは、クラシック以上の魔力ですね。

これからもよろしくお願い致します。
(弊ブログでは現在ブルーノートの名盤シリーズを週一くらいでアップしております。やっと6枚。ひーひー言っております。本日たまたまスウィングジャーナル誌の7月号をみたら、私のホレス・シルヴァーの名盤とかぶってました。ちょっとうれしいやら。)

garjyu

投稿者 garjyu : June 29, 2006 09:45 PM
投稿者 Master : June 29, 2006 05:34 PM