マッコイ・タイナー(p) 『McCoy Tyner Plays Ellington』


マッコイ・タイナー(p) 『McCoy Tyner Plays Ellington』

 マッコイ・タイナーのデューク・エリントン作品集。ジョン・コルトレーンのリズムセクション+パーカッションという編成で、同じインパルスの『至上の愛』直前の録音。つまりマッコイ以下三名は12月7、8、9日と三日連続でヴァン・ゲルダー・スタジオに詰めていたことになる。プロデューサーのボブ・シールは、これまでコルトレーンのリズム隊でマッコイのリーダー作を録るのを避けていたフシがあるが、ここに来て三役揃い踏み。[6]は一年半前の『バラードとブルースの夜』よりもぐっと目方が載ってヘビー。 ★★★☆☆

1. Duke's Place
2. Caravan
3. Solitude
4. Searchin'
5. Mr. Gentle and Mr. Cool
6. Satin Doll
7. Gypsy Without a Song
8. It Don't Mean a Thing (If It Ain't Got That Swing) [*]
9. I Got It Bad (And That Ain't Good) [*]
10. Gypsy Without a Song [Alternate Take][*]

McCoy Tyner (p),Jimmy Garrison (b),Elvin Jones (ds),Willie Rodriguez,Johnny Pacheco (perc on [1][2][4][6])
[Impulse!] 2,7,8,Dec.1964. Engineer:Van Gelder,Englewood Cliffs,New Jersey,

Click Here!


« もう一台欲しいインフラノイズのDAC-1 | メイン | 『マイルスを聴け!〈Version6〉』 中山 康樹(著) »

コメント