チャーリー・クリスチャン(g) 『Jazz Immortal』

チャーリー・クリスチャン(g) 『Jazz Immortal』

 有名な『ミントン・ハウスのチャーリー・クリスチャン』。まだテープレコーダーも無かった時代に携帯用ディスクレコーダーで録音されたモダンジャズ黎明期の貴重なドキュメント。当時ジャムセッションのメッカだったハーレムのミントンズ・プレイハウスとアップタウン・ハウスでの演奏。所謂歴史的名盤というやつであるが、そうした重要度を差し引いても、クリスチャンのアドリブは素晴らしく冴え渡っていてまるで管楽器のよう。なんといっても[1]が圧倒的だ。この頃はまだセロニアス・モンクのピアノも意外なほどに普通。夜毎行われるこうした切磋琢磨からビバップが誕生したとされる。 ★★★★

1. Swing to Bop
2. Stompin' at the Savoy
3. Up on Teddy's Hill
4. Down on Teddy's Hill
5. Guy's Got to Go
6. Lips Flips
7. Stardust
8. Kerouac
9. Stardust

Charley Christian (g),Dizzy Gillespie,Joe Guy (tp),Don Byas (ts),Thelonious Monk,Kenny Kersey (p),Nick Finton (b),Kenny Clarke (ds)
[Esoteric-Everest] May.1941.

Click Here!



« アン・リチャーズ(vo) 『I'm Shooting High』 | メイン | デクスター・ゴードン(ts) 『Doin' Allright』 »

コメント