マンデル・ロウ(g) 『The Mundell Lowe Quartet』

マンデル・ロウ(g) 『The Mundell Lowe Quartet』

 クールで軽快、実に心地良い音ですらすらとギター爪弾くマンデル・ロウの代表作。サラ・ヴォーンの『アフター・アワーズ』でギターを弾いた人だ。チャーリー・クリスチャンやバーニー・ケッセルのようなビバップ風フレーズを得意とする一方、和音の感覚にも優れ、[3]や[6]のコードワークが美しい。ブルースもガンガン弾ける人だと思うのだが、ここでは敢えて黒っぽさを抑え、趣味の良い作品に仕上がった。ディック・ハイマンのバロック調オルガンも良い味出している。[9]は早すぎた前衛作品??国内盤あり ★★★★

1. Will You Still Be Mine?
2. I Guess I'll Have to Change My Plans
3. I'll Never Be the Same
4. All of You
5. Yes Sir, That's My Baby
6. Night We Called It a Day
7. Bach Revisited
8. Cheek to Cheek
9. Far from Vanilla

Mundell Lowe (g),Dick Hyman (p,org,celeste),Trigger Alpert (b),Ed Shaughnessy (ds)
[Riverside] 27.Aug, 4.Oct. 1955.NY. Engineer:Jack Higgins(Reeves Sound Studios)


« ジョン・コルトレーン(ts,ss) 『Coltrane's Sound』 | メイン | J.R.モンテローズ(ts) 『The Message』 »

コメント