ハービー・ハンコック(p) 『My Point Of View』


ハービー・ハンコック(p) 『My Point Of View』

 ブルーノートにおけるニ枚目のリーダー作で、マイルスのバンドに参加直前のレコーディング。R&B色の強い[1]で幕を開け、順にソロを引き継ぐオーソドックスなスタイルの[2]、[3]はハンコックらしい新しい響きの作品で、次の『エンピリアン・アイルズ』に通じる雰囲気。独自の抒情的世界への萌芽[4]はアンサンブルとピアノの対比が美しい。あまり最後の曲らしくないファンキーな[5]で終わる。バラエティに富んでいるというか、バラバラな内容というべきか、何をやらせてもうまくやってのける才能はさすが。恩師ドナルド・バード、ハンク・モブレーも好演。輸入盤あり ★★★★

1. ブラインド・マン,ブラインド・マン
2. ア・トリビュート・トゥ・サムワン
3. キング・コブラ
4. ザ・プレジャー・イズ・マイン
5. アンド・ホワット・イフ・アイ・ドント

Herbie Hancock (p),Donald Byrd (tp),Gracham Moncur III (tb),Hank Mobley (ts),Grant Green (g),Chuck Israels (b),Tony Williams (ds)
[Bluenote] 19.Mar.1963. Engineer:Van Gelder

Click Here!


« チャーリー・パーカー(as),ディジー・ガレスピー(tp) 『Diz'N Bird At Carnegie Hall』 | メイン | 何かを繋げば何かの音がする »

コメント