ローランド・カーク(ts,mzo,str,fl) 『Domino』

ローランド・カーク(ts,mzo,str,fl) 『Domino』

 リード楽器を3本いっぺんに咥えて吹く盲目の怪人ローランドカークの代表作。奏法はエキセントリックだが音楽性はマトモ。[1]や[7]のように哀愁あふれる甘い曲が得意で、フレーズの要所要所で効果的にハモらせている。12小節ブルースの[6]など、カルテットなのにこんなにカラフル!時々「ピューゥ」と出てくるホイッスルのタイミングの見事なこと。なんとこれは鼻で吹いてるらしい!?アンドリュー・ヒルとウイントン・ケリー、CDで追加されたハービー・ハンコックと、ピアニストの個性によって随分雰囲気が違っている。 ★★★★

1.Domino
2.Meeting on Termini's Corner
3.Time
4.Lament
5.Stritch in Time
6.3-In-1 Without the Oil
7.Get Out of Town
8.Rolando
9.I Believe in You
10.E.D.
11.Where Monk and Mingus Live/Let's Call This
12.Domino [Alternate Version]
13.I Didn't Know What Time It Was
14.I Didn't Know What Time It Was
15.I Didn't Know What Time It Was
16.Someone to Watch over Me [Breakdown Take]
17.Someone to Watch over Me
18.Termini's Corner
19.Termini's Corner [Breakdown Take]
20.Termini's Corner
21.Termini's Corner
22.When the Sun Comes Out
23.When the Sun Comes Out
24.When the Sun Comes Out
25.Time Races With Emit

Roland Kirk (ts, mzo, str, fl),Wynton Kelly,Herbie Hancock (p),Andrew Hill (p, cel),Vernon Martin (b),Roy Haynes,Henry Duncan (ds)
[Mercury] 17,18.Apr. 6.Sep.1962.


« 優秀録音って何だ? | メイン | DAC-1持ってまた行ってきました »

コメント