ズート・シムズ(ts) 『Zoot Sims Quartets』

ズート・シムズ(ts) 『Zoot Sims Quartets』

 アナログレコードでなごみたいようなジャズファンに人気があるのがズート・シムズ。リラックスして聴けるからだろう。常に安全地帯にあって、ハラハラさせられる心配は無用。適度にモダンでノリがよく、おまけにバラードもうまい。強いて不満を言えば顔が怖いことくらいか。[1][2]と別テイクが続くが、ノリが良いので2曲一組で一気に聴けてしまう。[8][9]と珠玉のバラードが続き、[10]で終わりかと思ったらブレイキーが終わらない。きっと楽しくてもっと演りたかったのだろう。[6]はマスターテープの状態が良くないようだ。国内盤あり ★★★☆☆

1.Zoot Swings the Blues [Take 1]
2.Zoot Swings the Blues [Take 2]
3.Trotting
4.I Wonder Who
5.It Had to Be You
6.My Silent Love
7.Jane-O
8.Dancing in the Dark
9.Memories of You
10.East of the Sun (And West of the Moon)
11.Trotting [Alternate 1][#][*]
12.Trotting [Alternate 2][#][*]

Zoot Sims (ts),John Lewis,Harry Biss (p),Clyde Lombardi,Curly Russell (b),Don Lamond,Art Blakey (ds)
[Prestige] 16.Sep.1950. 14.Aug.1951.



« ベン・ウェブスター(ts) 『King Of The Tenors』 | メイン | ビル・エヴァンス(p) 『Empathy』 »

コメント