ベン・ウェブスター(ts) 『King Of The Tenors』

ベン・ウェブスター(ts) 『King of the Tenors』

 まだジャズなんか聴いてなかった頃、ロックやR&Bにちょこっと登場するテナー奏者は、どれもこれもこのベン・ウェブスターのように潰れた汚い音を出していたから、”テナー・サックス”という楽器はてっきりそういう音を出すものだと思っていた。アップテンポの曲はダーティに、スローな曲では羽で擦るがごとくソフトに。その男っぽいスタイルを生涯貫いた”ビッグ・ベン”。”テナー・サックス”を手にしたミュージシャンは、皆彼に憧れたのだろう。 ★★★☆☆

1.Tenderly
2.Jive at Six
3.Don't Get Around Much Anymore
4.That's All
5.Bounce Blues
6.Pennies from Heaven
7.Cotton Tail
8.Danny Boy
9.Poutin' [#]
10.Bounce Blues [Previouly Unissued Alternate Take]
11.That's All [Single Version]

Ben Webster (ts),Harry "Sweets" Edison (tp),Benny Carter (as),Oscar Peterson (p),Barney Kessel,Herb Ellis (g),Ray Brown (b),J.C. Heard,Alvin Stoller (ds)
[Verve] 21.Apr.NYC. 8.Dec.LA. 1953.


« ウィルバー・ハーデン(flh) 『Jazz Way Out』 | メイン | ズート・シムズ(ts) 『Zoot Sims Quartets』 »

コメント