ジョニー・ホリデイ(vo) 『'Holiday' for Lovers』


ジョニー・ホリデイ(vo) 『'Holiday' for Lovers』

 モードレーベルに二枚ある男性ボーカルのうちの一枚。もう一枚はドン・ネルソンの『The Wind』で、ジミー・ロウルズのピアノトリオをバックに素朴な味わいの唄を聴かせたのに対して、こちらはマーティ・ペイチ率いる西海岸のオールスターとも言える面々が名を連ねる。ホリデイの歌唱はトニー・ベネットに似てるが、ペイチのアレンジに乗って唄う[2]などはメル・トーメ風にも聞こえる。[5]ではハーブ・ゲラーとジャック・シェルドンが短いながらも良いソロを取っている。 ★★★☆☆

1.I Love You
2.Boys and Girls Like You and Me
3.Love Me Now
4.Star Eyes
5.Street of Dreams
6.Fun to Be Fooled
7.Nobody Else But Me
8.How Long Had This Been Going On
9.Between an Old Love and a New Love
10.Spring Will Be a Little Late This Year
11.There's No You
12.My Foolish Heart

Johnny Holiday (vo),Marty Paich (p,celeste),Herb Geller (as,cl),Bob Enevoldsen (valve trombone),Vince DeRosa (french horn),Jack Sheldon (tp),Max Bennett (b),Ronnie Lang (bs,cl),Mel Lewis (ds)
[Mode] Sep.1957. Hollywood. Engineer:Dayton Howe


« JimmyJazzのオーディオシステム詳細 | メイン | ソニー・ロリンズ(ts) 『Sonny Rollins vol.1』 »

コメント