ジョアン・グラウアー(p) 『Joanne Grauer Trio』

ジョアン・グラウアー(p) 『Joanne Grauer Trio』

 モードは、わずか30枚ほどの作品をリリースして消滅した西海岸のマイナーレーベルで、いずれもエヴァ・ダイアナの手になる肖像画ジャケットが使われている。カタログの多くが新人の発掘に充てられ、この女性ピアニスト、ジョアン・グラウアーもそのなかの一人。当然のことながら後が続かず、その後の情報も殆どない。ハンプトン・ホーズを思わせる大胆に低音弦を叩く奏法はなかなか痛快で気持ちが良い。この頃まだ10代。発展途上であり、このまま育っていれば良いピアニストになれたかもしれないが、それが必ずしも幸せだったとも限らない。美人だし。 ★★★☆☆

1.Mood For Mode
2.Have You Met Miss Jones
3.Invitation
4.Happy Is The Sheepherder
5.I'll Remember April
6.Dancing Nitely
7.I'm Glad There Is You
8.The Song Is You

Joanne Grauer (p),Buddy Clark (b),Mel Lewis (ds)
[Mode] Jul.1957. Hollywood. Engineer:Dayton Howe


« コンテ・カンドリ(tp) 『Conte Candoli Quartet』 | メイン | 「A&Vヴィレッジ」2006年5月号発売 »

コメント

Masterごめん。石丸でネフェルティティー見つけたんで
買っちゃったよ。
今度はクリックして買うよ。

絵のジャケットが続いてますね。気になる気になる。

投稿者 kangaroo : April 17, 2006 08:58 PM