ジョージ・ベンソン(g) 『Giblet Gravy』

Amazonで詳細を見る
ジョージ・ベンソン(g) 『ジブレット・グレイヴィ』

 ヴァーヴ時代のベンソンが、ポスト・ウエス・モンゴメリーとして扱われたのは想像に難くない。[3]などまさにそう。本盤もイージーリスニングとまではいかなくとも、R&Bのヒット曲をカバーして大衆ウケを狙った作品。しかし、彼のギターはウエスよりスマートで、より洗練された独自のスタイルを既に確立していた。ただ土臭い演奏になりがちなブルースナンバーの[4]や[9]でも、軽やかに舞う都会的なフレージングが素晴らしい。この頃のハンコックに珍しいアーシーなピアノも傾聴に値する。[2]は、その後ベンソンがディスコ調で成功することを暗示しているようだ。国内盤あり ★★★☆☆

1. Along Comes Mary
2. Sunny
3. What's New?
4. Giblet Gravy
5. Walk on By
6. Thunder Walk
7. Sack Of Woe
8. Groovin'
9. Low Down and Dirty
10. Billie's Bounce
11. What's New? [Alternate Take]
12. What's New? [Alternate Take]

George Benson (g),Herbie Hancock (p),Ron Carter,Bob Cranshaw (b),Billy Cobham (ds),Jimmy Owens (tp,flh),Ernie Royal,Snookie Young (tp),Pepper Adams (bs),Alan Ralph (bass-tb),Johny Pacheco (conga),Carl Lynch,Eric Gale (g),Eileen Gilbert,Lois Winter,Albertine Robinson (vo),Tom McIntosh (arr)
[Verve] 5,6,7.Feb.1968. at A&R Recording Studios and Capitol Recording Studio in New York City
Director of Engineering:Val Valentin Produced by Edmond Edwards


« JBL4343のエッジがやばい | メイン | ノートパソコンが欲しい »