ヒルトン・ルイズ(p) 『Strut』


ヒルトン・ルイス(p) 『Strut』

 CDがまだ出始めの頃、盗難防止の為にジャケット写真をプリントしたボール紙でカバーがしてあった。このジャケットを見て衝動買い。'80年代のものに多い薄味の録音。どちらかといえばフュージョン系で4ビートはなし。リー・モーガンの[1]など、ベースがチョッパーしてたりする。しかし曲が良かった。[5]から[6]にかけての爽やかな曲想がとても好きだ。前衛出身のサム・リヴァースも意外によく馴染んでいる。五月の晴天の日に聴きたい爽快CD。[8]はピアノの独奏。 ★★★☆☆

1.Sidewinder
2.Goin' Back to New Orleans
3.Bluz
4.Aged in Soul
5.All My Love Is Yours
6.Soca Serenade
7.Why Don't You Steal My Blues
8.Lush Life

Hilton Ruiz (p),Lew Soloff (tp),Dick Griffin (tb),Sam Rivers (ts,ss),Rodney Jones (g,b),Francisco Centeno (el-b),Robby Ameen,Steve Berrios (ds,timbales,perc),Mongo Santamaria (congas)
[Novus] 30.Nov, 1.Dec.1988. Studio B,RCA Studios,NYC. Engineer:Tony May



« マイルス・デイヴィス(tp) 『Nefertiti』 | メイン | インフラノイズDAC‐1はすごいぞ »