リサ・エクダール(vo) 『Back To Earth』
Amazonで詳細を見る
リサ・エクダール(vo) 『Back To Earth』

 ファンの方には申し訳ないけど、リサのような女性は極めて危険だ、と思う。なんだいカマトトぶりやがって。ジャケット写真にしてもいちいち芝居がかってるんだよ!と思いつつ、[1]の情感にほだされてしまう。いかんいかん、魔性の女だ。バックのピーター・ノールダール・トリオの骨っぽいハードボイルドな演奏と、リサのロリータ・ボイスとのコントラストが絶妙。これで27歳も年上の旦那と子供が居るそうだ。愛と憎しみが渦巻くCDと言ったらちと大袈裟か(笑) ジャケット違いの輸入盤あり ★★★☆☆

1.ストレンジャー・オン・アース
2.ネイチャー・ボーイ (Nature Boy)
3.ナウ・オア・ネヴァー
4.レイジエスト・ガール・イン・タウン
5.もしあなただったら (It Had to Be You)
6.ダウン・ウィズ・ラヴ
7.恋とは何でしょう (What Is This Thing Called Love)
8.二人でお茶を (Tea For Two)
9.ザ・ロンリー・ワン (Lonely One)
10.君にこそ心ときめく (I Get a Kick Out of You)
11.ジャスト・フォー・ア・スリル
12.夜も昼も (Night And Day)
13.パナティヴ・ルンバ
14.アフター・ユー・ゲット
15.イフ・アイ・ワー・ア・ベル (If I Were A Bell)

Lisa Ekdahl (vo),Peter Nordahl (p),Patrik Boman (b),Ronnie Gardiner (ds)
[BMG] 1998.


« ナンシー・ウィルソン(vo) 『The Swingin's Mutual』 | メイン | インフラノイズDAC‐1(#゚Д゚)キタ――!! »

コメント

おおげさだよ、master。

輸入盤ジャケ、色っぽくてイイ!

投稿者 kangaroo : March 15, 2006 01:11 AM