スー・レイニー(vo) 『Breathless!』

スー・レイニー(vo) 『Breathless!』

 完璧に作り込まれたキャピトルの三部作とは打って変わって、スモールコンボをバックにラフな雰囲気が楽しい。ひょっとすると正式なレコーディングではなく、リハーサルテープなのかもしれない。[10]は間奏が終わったところで唄が出遅れるが、歌唱力が抜群なだけあってこんなミステイクだって許せてしまう。表題曲[13]では早口言葉を披露。こんな隠し芸があったのかと文字通り舌を巻く。抜群のリズム感とは反対に、神に祈るようなバラードの表現も素晴らしい。 こちらも同内容 ★★★★

1. Angel Eyes
2. There'll Be Some Changes Made
3. Breezin' Along With the Breeze
4. My Lucky Day
5. 'Deed I Do
6. Their Hearts Were Full of Spring
7. It's De-Lovely
8. September in the Rain
9. I'm in Love With the Honorable Mr. So-And-So
10. Wrap Your Troubles in Dreams (And Dream Your Troubles Away)
11. Does Anybody Here Love Me?
12. Boy Next Door
13. Breathless
14. Holiday for Strings
15. Bluesette
16. Cry Me a River
17. While We're Young
18. Some of These Days

Sue Raney (vo),Page Cavanaugh Quartet,Septet 1960-61.
Buddy De Franco/Tommy Gumina Quartet 1963.
Shelly Mann and His Men 1969 or 1970.
[StudioWest]


« 『Sentimental Journey: Capitol's Great Ladies of Song』 | メイン | ナンシー・ウィルソン(vo) 『The Swingin's Mutual』 »

コメント