ジョニー・スミス(g) 『Moonlight in Vermonter』

ジョニー・スミス(g) 『Moonlight in Vermonter』

 凄いテクニシャンでありながら、テクニカルなところを強調せず、あくまでギターの音の美しさで聴かせるジョニー・スミスの代表作。このサウンドにはこのテナーしかないと思ったのか、スタン・ゲッツをはじめ、ズート・シムズ、ポール・クニシェットといった、いずれもレスター・ヤング派のテナーがサポートしているのが興味深い。昔のジャズのレコードによくある話だが、[5]はどう聞いても「星降るアラバマ」ではなく「ゴースト・オブ・ア・チャンス」、つまり[7]と同じ曲である。 ★★★★

1.Where or When
2.Tabu
3.Moonlight in Vermont
4.Jaguar
5.Stars Fell on Alabama
6.Tenderly
7.(I Don't Stand A) Ghost of a Chance
8.Vilia
9.Cavu
10.I'll Be Around
11.Yesterdays
12.Cherokee
13.Sometimes I'm Happy
14.Nice Work If You Can Get It
15.Jaguar [Alternate Version]
16.My Funny Valentine

Johnny Smith (g),Stan Getz,Zoot Sims,Paul Quinichette (ts),Sanford Gold (p),Eddie Safranski,Arnold Fishkin (b),Don Lamond (ds)
[Roost] 11.Mar.1952. Aug.1953.


« ジョー・ワイルダー(tp) 『Wilder 'N' Wilder』 | メイン | 「A&Vヴィレッジ」2006年3月号発売 »

コメント