ケニー・ドリュー(p) 『Undercurrent』

ケニー・ドリュー(p) 『Undercurrent』

 メンバーがとてもいい。キャノンボール・アダレイ・クインテットのベースとドラム、それにフロントがフレディ・ハバードとハンク・モブレーである。ファンキー風味のブルースをやらせたら最高の面々だ。聞き物は尻に火がついたように疾走する表題曲[1]。[3]は少しキャノンボールっぽい曲想だが、出てくるソロはぐっと分厚くてしかも重い。特にモブレーのテナーが快調で、なんとコルトレーンっぽいソロまで飛び出す始末。全曲ドリューのオリジナルで、ブルーノートらしい真っ黒けの傑作。 ★★★★

1. Undercurrent
2. Funk-Cosity
3. Lion's Den
4. Pot's On
5. Groovin' the Blues
6. Ballade

Kenny Drew (p),Hank Mobley (ts),Freddie Hubbard (tp),Sam Jones (b),Louis Hayes (ds)
[Bluenote] 11.Dec.1960. Engineer:Van Gelder


« ハロルド・アシュビー(ts) 『On The Sunny Side Of The Street』 | メイン | バド・パウエル(p) 『Bud Powell in Paris』 »

コメント