マイルス・デイヴィス(tp) 『Dig』
Amazonで詳細を見る
マイルス・デイヴィス(tp) 『Dig』

 ジャズのLP時代はこの作品から始まる。レコーディングでは大急ぎでソロを終わらせ、3分以内に収めていたのが、ライブでやってるような長時間のソロが可能になったのだ。マイルスも意欲満々で、上品で美しいトーンのアドリブを聴かせる。ジャケットにはソニー・ロリンズの文字が大きく踊るも、リードの調子があまり良くない様子。一方ジャッキー・マクリーンは本作が初レコーディング。しかも彼のアイドル、チャーリー・パーカーがスタジオに見に来ており、緊張しまくったそうだが、その割に演奏はなかなか良い。 ★★★★

1. Dig
2. It's Only a Paper Moon
3. Denial
4. Bluing
5. Out Of The Blue
6. My Old Flame
7. Conception

Miles Davis (tp),Sonny Rollins (ts),Jackie McLean (as),Walter Bishop (p),Tommy Potter (b),Art Blakey (ds)
[Prestige] 5.Oct.1951.NYC.


« モーリス(vo) 『I've Never Been in Love Before』 | メイン | ビリー・ホリデイ(vo) 『Lady In Satin』 »

コメント