ビエラ買いました~

 注文してたプラズマTV、パナソニックのVIERA TH-37PX50が昨日自宅に配達された。設置や配線は配達のお兄ちゃんがぜんぶやってくれた。半日ガチャガチャ使ってみた感想。いやー、こら凄いわ。(^^;

 自分の金で買うテレビはこれが2台目。これの前が約15年前のブラウン管29インチで、今住んでるマンションが出来たときに買ったものだった。当時はちょうど第一次大画面ブームと衛星放送のはしりで、BSはNHKが2つと有料放送の3つしかチャンネルがなかった。画質も良く、それなりにリッチな気分に浸ったものだったが、今回のそれは比べ物にならないほど予想を大きく上回るものだった。

 近頃はハイビジョンだのCSだの、地上波デジタルだの、ケーブルTVだの、なんだか放送の種類がいっぱいあって、古いTVを見てる者には、なんのことやらさっぱりわからん。

 ちょっとわかったのは、通常の今まで親しんだTBSの4チャンネルとか10チャンネルとかいう放送の”高画質版”とも言える放送が同時に地上波デジタル放送として流れているってこと。
 地上波デジタル放送は、チューナーもしくはそれを内蔵したTVがあれば受信できるわけで、2011年に今までのアナログ放送が終了し、地上波デジタル放送に移行するってことなんだろう。

 一番驚いたのは、やはり地上波デジタル放送の画質の良さである。一度こちらで見てしまうと、もう二度とアナログ放送は見ることがないだろうと思うほど。大画面で見るから余計にそう思う。
 アンテナの受信感度に画質が左右されていたアナログ放送に比べ、デジタルの安定度は凄い威力を発揮している。

 月曜だったのでアニメの「ブラックジャック」と「西遊記」を観た。
 「ブラックジャック」は、グラフィックの美しさが素晴らしく、劇場で映画を観てるような錯覚に陥る。
 一方「西遊記」では、古代中国の絢爛豪華な建築様式や着物の刺繍など、背景の細部までハッキリクッキリ。そのディテールの見事さに感歎の声が出た。(^^;
 これはオーディオ的快感に酷似している。

 今ごろ何を寝ぼけたことを言っておるのかと、思ってる人も多いんだろうなと思うと少々恥ずかしいが、これは凄いと素直に驚いてしまったのである。こんな凄いものが30万円を切る値段で買えてしまうのか。
 こらオーディオが衰退するのも無理はない。(^^;

 オーディオで思い出したが、TV内蔵スピーカーの音は相当酷い。明らかに今まで使っていたブラウン管TVのほうが台詞にしても明瞭で、音楽もしっかりした低音が出ていた。
 薄型なのが祟っているのか。これは外部にスピーカーを付けたくなるかもしれない。映画など観てもきっと迫力が足りないだろう。
 それと、リモコンのレスポンスが悪く、これが結構もどかしい。(^^;
 ポンと押したらパッとチャンネルが変わるのが当たり前だと思ってたら、画面が切り替わるのに約一秒もかかる。遅いパソコンを使ってるようなもどかしさである。

 しかし、それらを差し引いてもプラズマって凄いなあと、思う。
 「俺はTV観ないから」「画質なんてどうでもいいから」と思ってる人ほど買っていただきたい(笑)
 いっしょに買ったDVDレコーダーも、やっぱデジタルチューナー付きにしたほうがよかったかな、と少し思ってたりする。


« 大西順子(p) 『Wow』 | メイン | 『Round Midnight/Original Motion Picture Soundtrack』 »

コメント

RCAのテレビってありましたね~
今でもあるのかな。
最近はやりの薄型は、やはり日本製とSamsungでしょうか

投稿者 garagedrive : January 26, 2006 12:30 PM

アメリカのTV事情はどうなんでしょう?
RCAとかがTV作ってたりするって聞いたことありますが。

投稿者 Master : January 25, 2006 03:47 PM

へぇ~
ワタシも日本に帰ったら15年落ちぐらいの20インチTVなので、買い換えしないとな

投稿者 garagedrive : January 25, 2006 03:21 PM