ブランフォード・マルサリス(ts,ss) 『Royal Garden Blues』


ブランフォード・マルサリス(ts,ss) 『Royal Garden Blues』

 ブランフォードも弟のウイントンも兄弟揃って、ウエイン・ショーターが大好きだったと語っている。この作品もかつて新主流派と呼ばれたショーターやトニー・ウイリアムス、ハービー・ハンコックらが目指した音楽の延長線上にある。事実彼ら二人は、V.S.O.P.クインテットのメンバーとして迎えられ、本アルバムにも参加のハンコック、ロン・カーターらの多大なサポートを得てデビューを果たしている。喩えて言うなら'80年代の『ジャイアント・ステップス』。かといってコルトレーンのように深刻でもなく、フレッシュで爽快感溢れるプレイが印象的だ。ゲストのメンバーも凄い顔ぶれ。 ★★★★

1.Swinging at the Haven
2.Dienda
3.Strike up the Band
4.Emanon
5.Royal Garden Blues
6.Shadows
7.Wrath of Tain

Branford Marsalis (ss,ts),Ellis Marsalis,Herbie Hancock,Kenny Kirkland,Larry Willis (p),Ron Carter,Charnett Moffett,Ira Coleman (b),Ralph Peterson,Marvin "Smitty" Smith,Al Foster,Tain-Jeff Watts (ds)
[Columbia] 18-20.Mar, 2.Jul.1986.NYC. Engineer:Jim Scott

Click Here!



« 『Round Midnight/Original Motion Picture Soundtrack』 | メイン | モーリス(vo) 『I've Never Been in Love Before』 »

コメント