ホリー・コール(vo) 『Don't Smoke In Bed』


ホリー・コール (vo)『Don't Smoke in Bed』

 所謂ジャズシンガーというよりは、もっと芝居がかっていてアーティスト然としている。決して貶しているのではない。音楽家たるもの、大なり小なり芝居がかっていないと話にならない。ジャズの範疇から大きくはみ出しているのだ。しかし反対に他のジャンル、たとえばポップス畑出身の人がこういうスタンダードを唄うと、大抵ウソくさくて失敗する。カナダの歌姫。似たポジションにダイアナ・クラールが居る。彼女のほうがぐっとジャズっぽい。両者の間にライバル心はあるだろう。本盤のゲストにジョー・ヘンダーソンを呼んだら、負けじと翌年スタンリー・タレンタインを起用して、『Only Trust Your Heart』を吹込んでいる。 ★★★☆☆

1.I Can See Clearly Now
2.Don't Let the Teardrops Rust Your Shining Heart
3.Get Out of Town
4.So and So
5.Tennessee Waltz
6.Everyday Will Be Like a Holiday
7.Blame It on My Youth
8.Ev'rything I've Got
9.Je Ne T'Aime Pas
10.Cry (If You Want To)
11.Que Sera, Sera (Whatever Will Be, Will Be)
12.Don't Smoke in Bed

Holly Cole (vo),Aaron Davis (p),David Piltch (b,perc),Howard Levy (harmonica),Art Avalos (perc),Joe Henderson (ts),David Lindley (lap steel guitar),Atis Bankas,Charles Elliot,Brian Epperson,Simon Fryer,Carol Fujino,Susan Lipchak,Martin Loomer,Paul Meyer,Nary Carol Nugent,Katherine Palyga,Young Dae Park,Joel Quarrington,Christopher Redfield,Mark Skazinetsky,Mihai Tetel,Nicole Zarry (strings),Glenn Morley (cond)
[Alert] Feb,Mar.1993.Reaction Studio Toront.Canada. Engineer:Leanne Ungar

バナー 10000011


« プラズマTVを買おっかな~? | メイン | ヒューストン・パーソン(ts) 『Soft Liights』 »

コメント