ドナルド・バード(tp) 『The Cat Walk』

ドナルド・バード(tp) 『The Cat Walk』

 クリフォード・ブラウン直系の艶やかなトーン、それに素晴らしくファンキーな作曲のセンスゆえにドナルド・バードを愛聴する。本盤はフィリー・ジョー・ジョーンズのドラムが聞き物だ。[2]で叩き出すグルーヴ感がなんともいえない!名投手がストライクを投げるように決まるスネアドラム。続く[3]ではあざやかなドラムソロを披露。なるほど一流のドラマーが叩くとこれほど決まるものなのか。まるで「侍ジャイアンツ」のような表題曲がハイライトになるが、急速調の[5]でもバードのソロが凄い! ★★★★

1. Say You're Mine
2. Duke's Mixture
3. Each Time I Think of You
4. Cat Walk
5. Cute
6. Hello Bright Sunflower

Donald Byrd (tp),Pepper Adams (bs),Duke Pearson (p),Laymon Jackson (b),Philly Joe Jones (ds)
[Bluenote] 2.May.1961. Engineer:Van Gelder



« チャーリー・パーカー(as) 『The Complete Royal Roost Live Recordings On Savoy Years Vol.2』 | メイン | ポール・チェンバース(b) 『1st Bassman』 »

コメント