マイルス・デイヴィス(tp) 『E.S.P.』
Amazonで詳細を見る
マイルス・デイヴィス(tp) 『E.S.P.』

 黄金のクインテット初のスタジオ録音。ウエイン・ショーターの加入を境として、マイルスの音楽性は急速な変化を遂げる。このバンドの若いメンバー達は、マイルスにとって新人類のように見えたことだろう。作曲面でも彼等が新しいアイデアを提供し、マイルスがそれをまとめるというパターンがこの頃から多くなる。このクインテット時代はジャズ史上最も強力なバンドである一方で、マイルス自身若い世代から学びながら、新時代への対応を模索しているかのようだ。アナログ盤あり  ★★★★

1.E.S.P.
2.Eighty-One
3.Little One
4.R.J.
5.Agitation
6.Iris
7.Mood

Miles Davis (tp),Wayne Shorter (ts),Herbie Hancock (p),Ron Carter (b),Tony Williams (ds)
[Columbia] 20,21,22.Jan.1965. studio.LA.Ca.


« 大切なのは「バランス」か?! | メイン | ジョー・パス(g) 『Six String Santa』 »

コメント