サージ・チャロフ(bs) 『Blue Serge』

サージ・チャロフ(bs) 『Blue Serge』

 「サージ」とは学生服などに用いる綾織りの洋服地のことで、チャロフの名に引っかけたジャケットが洒落ている。珍しいバリトンサックスのワンホーン、白人のチャロフにソニー・クラーク以下黒人のリズムセクション。あの重いバリトンを軽々と、まるでチャーリー・パーカーのように吹いてみせる。急速調のブルース[2]や[6]が圧巻で、こういう曲になるとドラムのフィリー・ジョー・ジョーンズもまるで水を得た魚のよう。ブルーノートからデビュー直前のクラークのピアノも好調だ。 ★★★★

1.Handful of Stars
2.Goof and I
3.Thanks for the Memory
4.All the Things You Are
5.I've Got the World on a String
6.Susie's Blues
7.Stairway to the Stars
8.How About You? [*]

Serge Chaloff (bs),Sonny Clark (p),Leroy Vinnegar (b),Philly Joe Jones (ds)
[Capitol] 4.Mar.1956.LA.


« トニー・ベネット(vo) 『The Tonny Bennett/Bill Evans Album』 | メイン | カーメン・マクレエ(vo) 『The Great American Songbook』 »

コメント